新入社員の研修成果発表会

2010年 10月15日

レシップ株式会社では、2010年10月12日(火)に、2010年度採用の技術系新入社員13名が、社内研修の集大成として、研修発表会を開催しました。
課題別発表内容のテーマ別にグループに分かれて、研修で習得した技術を応用例にまで展開してパネルやデモ機を作成し、役員、幹部社員などにその成果を発表しました。

新入社員のほとんどは設計・製造担当者であり、各部門へ配属する前に、本人の専門分野以外にも、当社のコア技術に関する理解を深めさせるため、約半年間の研修を行っています。 2003年度から実施しているレシップ独自の研修制度で、社会人としての一般的マナーや生産現場での実習等を終えた後、研修指導員の指導のもと、当社製品に関するコア技術の基礎学習とグループによる課題実習を進めています。

新入社員研修の概要
  • 生産現場での実習
  • 基礎学習 電気・通信・ソフト・機械に関する基礎知識の習得。
  • グループ学習 課題をグループ毎に設定し、それぞれ発表資料をまとめる。構想案の検討から回路設計の検討等自主活動を実施。

2010年度は、下記の製品を製作し、発表しました。

  • WIZnet・Xbeeを用いた無線動画監視システム
  • Bluetoothを用いた二足走行ロボット
  • 携帯着信・非接触ICカードを使用したレシップこどもクリニック診察予約システム
本件に関するお問合わせ先

レシップグループ お問い合わせ窓口
TEL 058-324-3121/FAX 058-323-2597