日没後のバス待ちも安心 宮城交通様に、バス停用ソーラー式照明をご採用いただきました。

2010年 10月5日

レシップ株式会社は、このたび宮城交通株式会社様、株式会社ミヤコーバス様に、バス停用のソーラー式LED照明灯具をご採用いただきました。 夜間利用者が多く街路灯が少ない団地内のバス停などを中心に、順次161箇所に設置される予定です。

このソーラー式LED照明灯具は、日中にソーラーパネルで発電した電気を蓄えて、 日没後に自動的にLED照明が点灯します。近辺に人がいないときは、省エネ点灯(2.5%)で、 人が近づくとセンサーが関知してフル点灯(100%)し、バス停に表示されている時刻表などが見やすくなります。

電源の配線が不要で、コンパクトなサイズ(横25㎝×縦7.5㎝)なことから、既存のバス停に手軽に設置できる点をご評価いただきました。 バスご利用者の皆様にも大変ご好評をいただいております。

今後さらに、全国各地のバス停への設置のご提案のほか、各種施設の災害時などの停電の際の非常灯や、防犯対策のための夜間照明としても活用いただけるよう拡販を進めていきます。

宮城交通(株)様のWEBサイトをご参照ください。(http://www.miyakou.co.jp/)

本件に関するお問合わせ先

レシップグループ お問い合わせ窓口
TEL 058-324-3121/FAX 058-323-2597