レシップホールディングス お問い合わせ 文字サイズ English
文字サイズ:標準 文字サイズ:大
HOME 企業情報 IR情報 社会・環境 採用情報
HOME >> 社会・環境 >> 省エネルギー化のキープロダクツ 〜省エネ、長寿命のLED〜

社会・環境

 
  • 社会・環境
  • トップメッセージ
  • SDGs
  • クローズアップ
  • 社会
  • お客様との関わり
  • 取引先との関わり
  • 株主・投資家との関わり
  • 地域社会との関わり
  • 従業員との関わり
  • 環境
  • 環境マネジメント
  • グリーン調達
  • 製品の環境配慮
  • 工場の環境配慮
  • マネジメント
  • レポートライブラリ

路線バスが「走る情報端末」に
〜バスロケーションシステムでバス利用者の利便性向上〜

バスは、“生活者の足”と呼ばれている地域に密着した便利な交通手段です。しかし、道路渋滞の影響を受けて、時刻表どおりにバスがくるかどうかわからず不安となることから、利用者はバスをうまく利用できず、結局は移動手段の選択肢から外してしまうことになり、バス事業者から見ても機会損失となります。
そうした不安や不満を解消し、バス利用者の利便性を向上させる方策の一つとしてバスロケーションシステム(バスロケ)の導入が各地で進んでいます。

バスが情報端末となり、乗車前から利用者とつながる

バスロケとは、バスの時刻表、現在位置、到着時刻等の情報を利用者に提供するシステムのことです。開発当初は、バス停でバスの通過を検知し、センターシステムを介して、接近情報をバス停の表示器により提供するという方法が一般的でした。
しかし、近年のGPSやインターネットの急速な普及により、GPS車載器によるリアルタイムなバスの位置情報の取得が可能となり、パソコンや携帯端末による利用者向けのサービスが拡充しています。

利用者はバス停やターミナルまで行かなくても、事前にパソコンや携帯端末から、路線 や乗り継ぎ方法などの情報が確認できます。また、待ち時間や行き先までの所要時間の「見える化」により、「あとどのくらい待てばよいのか」「もう行ってしまったのではないか」と不安になることなくバスを利用できます。

バスに乗っている間も、運行情報や乗り継ぎ情報を確認できて、スムーズな移動

バスの運行情報、遅延状況や、他の路線バス・鉄道との乗り換え情報など、車内の乗客にも、タイムリーな情報を提供できます。
当社は、ワンマンバス用システム機器のトップメーカーの強みを活かし、バスロケ用に搭載した通信設備などを利用して、ワンマンバス用システム機器と連動させた、新しいバスロケを開発しました。これによって、バスに乗ろうとする乗客にもバスに乗っている最中の乗客にも、リアルタイムに有益な情報をお知らせできます。 バスロケーションシステム

バス事業者の業務の効率化、ひいては道路渋滞の緩和、生活環境の改善に

リアルタイムで運行状態の把握が容易になるため、バスの配車など効率的な運行管理 や、取得データに基づく合理的かつ高品質なダイヤ編集を可能とするなど、業務の効率化をもたらし、バス事業者のメリットも大きいと考えられます。 さらに、こうした公共交通の利便性向上により、公共交通の利用者が増加することで、過度な自動車依存の解消につながることが期待されます。

レシップは、路線バスが「走る情報端末」として、リアルタイムに利用者や各関係者とつながることにより、さらに利便性の高い交通手段となるよう、製品・サービスの開発を進めていきます。
ページの先頭に戻る
Copyright(C) LECIP CORPORATION
縺雁撫縺蜷医o縺 繧オ繧、繝医槭ャ繝 縺薙ョ繧オ繧、繝医↓縺、縺縺ヲ 繝励Λ繧、繝舌す繝シ繝昴Μ繧キ繝シ
更新履歴 LECIP株式会社 ニュース一覧 サイトマップ このサイトについて プライバシーポリシー 文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大