レシップホールディングス お問い合わせ 文字サイズ English
文字サイズ:標準 文字サイズ:大
HOME 企業情報 IR情報 社会・環境 採用情報
HOME >> 社会・環境 >> 公共交通機関(路線バス)の言語バリアフリー

社会・環境

 
  • 社会・環境
  • トップメッセージ
  • SDGs
  • クローズアップ
  • 社会
  • お客様との関わり
  • 取引先との関わり
  • 株主・投資家との関わり
  • 地域社会との関わり
  • 従業員との関わり
  • 環境
  • 環境マネジメント
  • グリーン調達
  • 製品の環境配慮
  • 工場の環境配慮
  • マネジメント
  • レポートライブラリ

公共交通機関(路線バス)の言語バリアフリー


観光地では、外国人観光客が言語面での不便・障害を感じずに移動できるように言語バリアフリー化を促進しています。
[関連事業]外国人観光客の移動容易化のための言語バリアフリー化

交通の拠点である駅やバスターミナルに日本語、英語、中国語、韓国語など多言語で目的地までの移動を案内するほか、鉄道やバス車内でも、多言語による案内などによりスムーズな移動環境を確保するなど、情報提供の整備を進めています。

タッチパネル式券売機 路線バス車内の案内表示器
バスターミナルの路線案内表示器

レシップでは、今後さらに、近隣住民向けの災害情報などの緊急性の高い情報や、地域ならではの最新情報の提供なども含めた、公共交通機関の「情報バリアフリー」に向けたインフラづくりにも貢献します。
[関連製品] OBC-VISION
ページの先頭に戻る
Copyright(C) LECIP CORPORATION
縺雁撫縺蜷医o縺 繧オ繧、繝医槭ャ繝 縺薙ョ繧オ繧、繝医↓縺、縺縺ヲ 繝励Λ繧、繝舌す繝シ繝昴Μ繧キ繝シ
更新履歴 LECIP株式会社 ニュース一覧 サイトマップ このサイトについて プライバシーポリシー 文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大