レシップホールディングス お問い合わせ 文字サイズ English
文字サイズ:標準 文字サイズ:大
HOME 企業情報 IR情報 社会・環境 採用情報
HOME >> 社会・環境 >> 特集6
社会・環境
  • 社会・環境
  • トップメッセージ
  • SDGs
  • クローズアップ
  • 社会
  • お客様との関わり
  • 取引先との関わり
  • 株主・投資家との関わり
  • 地域社会との関わり
  • 従業員との関わり
  • 環境
  • 環境マネジメント
  • グリーン調達
  • 製品の環境配慮
  • 工場の環境配慮
  • マネジメント
  • レポートライブラリ
バス共通ICカード協会様スペシャルインタビュー 
 2013年3月23日、交通系ICカードの全国相互利用サービスが始まりました。1枚のICカード※で、全国のバス・鉄道に乗車することができるようになり、乗客の利便性は一層高まりました。当社も、バス用ICカードシステムを提供する会社として、ソフトのバージョンアップ等で本サービスの開始に携わらせていただきました。
 今回は、全国相互利用サービスの一端を担い、円滑で効率的なデータセンターを構築されたバス共通ICカード協会の齋藤健理事長に、ICカードの全国相互利用がもたらす効果や、バス事業の社会的役割と課題についてお伺いしました。
※全国相互利用サービスを実施する交通系ICカード
Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCA
交通バリアフリーに より使いやすく、便利に   例えば、地方在住の方が、仕事で首都圏に出張したり、観光したりするときに、本サービスに加盟しているICカードを持っていれば、財布から現金を取り出すことなく、スムーズに鉄道やバスに乗車することができるようになりました。もちろんその逆もあります。国内にはまだサービスが適用されていない地域がありますが、誰もがより使いやすく、より便利になったという意味で、交通バリアフリーの推進につながったと思います。
他地域への普及と地域活性化
 3月23日にスタートして以来、おかげさまで、ほぼ順調に展開されています。今後の課題は、他地域への普及です。

バス共通ICカード  今回、対象とならなかった地域に、導入を働きかけていきたいと思っています。有名な観光地であってもI Cカードが使えないところがありますので、本サービスが開始されれば、観光客の移動手段が整備され、地域の観光産業の活性化に寄与すると思います。 
※「Kitaca」は、北海道旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「PASMO」は、株式会社パスモの登録商標です。
※「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「manaca」「マナカ」は、株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシーの登録商標です。
※「TOICA」は、東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「PiTaPa」は、株式会社スルッとKANSAIの登録商標です。
※「ICOCA」は、西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「はやかけん」は、福岡市交通局の登録商標です。
※「nimoca」は、西日本鉄道株式会社の登録商標です。
※「SUGOCA」は、九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。
| | | |
特集ライブラリ
2010年
〜レシップの未来像〜
2011年
業界初のエコリーフ環境ラベルを取得
2012年
岩戸工業株式会社様スペシャルインタビュー
2012年
宮城交通株式会社様スペシャルインタビュー
2012年
東武バスセントラル株式会社様スペシャルインタビュー
2013年
バス共通ICカード協会様スペシャルインタビュー
2015年
今後当社が取り組むべき課題
2016年
私たちの暮らしの安心、安全に
2017年
米国に広がるレシップのAFCシステム
対談者
齋藤 健 氏 齋藤 健
一般社団法人
バス共通ICカード協会 理事長
(東急バス株式会社 取締役)
一般社団法人
バス共通ICカード協会
2006年11月設立。所在地 東京都新宿区。バス事業の公共性に鑑み、公共交通サービスの増進に貢献することを目的として設立。
OBC-VISION
OBC-VISION
リアルタイム情報更新
ページの先頭に戻る
Copyright(C) LECIP CORPORATION
縺雁撫縺蜷医o縺 繧オ繧、繝医槭ャ繝 縺薙ョ繧オ繧、繝医↓縺、縺縺ヲ 繝励Λ繧、繝舌す繝シ繝昴Μ繧キ繝シ
更新履歴 LECIP株式会社 ニュース一覧 サイトマップ このサイトについて プライバシーポリシー 文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大