レシップホールディングス お問い合わせ 文字サイズ English
文字サイズ:標準 文字サイズ:大
HOME 企業情報 IR情報 社会・環境 採用情報
HOME >> 社会・環境 >> 特集2
社会・環境
  • 社会・環境
  • トップメッセージ
  • SDGs
  • クローズアップ
  • 社会
  • お客様との関わり
  • 取引先との関わり
  • 株主・投資家との関わり
  • 地域社会との関わり
  • 従業員との関わり
  • 環境
  • 環境マネジメント
  • グリーン調達
  • 製品の環境配慮
  • 工場の環境配慮
  • マネジメント
  • レポートライブラリ
社会・環境のために
バス機器にも求められる環境への取り組み
レシップは、バス用運賃箱、整理券発行器、運賃表示器、LED式行先表示器、音声合成装置(車内自動放送装置)などバスの運行に必要なあらゆる電装機器を取り扱う国内唯一のバス用電装機器トータルサプライヤーです。 公共の足として全国各地の路線網を走る路線バスは、大型車両だけに、CO2排出量削減に向けた配慮とともに、廃車時の環境負荷低減が待ったなしとなっています。
バス用LED式室内灯がエコリーフ環境ラベルを取得
エコリーフ環境ラベル そして、このほどバス用LED式室内灯(型式番号SL−A80−LED1)のエコリーフ環境ラベルを取得しました。

エコリーフ環境ラベルの登録は、算定ルールの制定活動とCO2などの環境負荷算定活動の2つからなっており、ルール制定時やそのルールに基づいた算定時には第三者の認定や検証が求められます。

取得の詳細は、こちらをご覧ください。
CO2見える化でLED灯と蛍光灯を比較すると
鈴木 克巳 算定ルールの制定により、エコリーフ環境ラベルを取得したバス用LED室内灯とこれまで使用してきたバス用蛍光灯のライフサイクルにおけるCO2排出量を比較すると、LED灯が679.09s(エコリーフデータ)、蛍光灯が1,349.82s(社内試算データ)となりました。

バス用LED室内灯は、従来の蛍光灯と同等の明るさで、かつ消費電力およびCO2排出量で約50%の削減(※)が可能となったのです。
※製品使用条件は、30,000時間(10年使用、300日/年、10時間/日)として計算
SL-A80-LED-1SL-A80-LED-1

蛍光灯からLEDに簡単な5ステップで完成。

| | |
特集ライブラリ
2010年
〜レシップの未来像〜
2011年
業界初のエコリーフ環境ラベルを取得
2012年
岩戸工業株式会社様スペシャルインタビュー
2012年
宮城交通株式会社様スペシャルインタビュー
2012年
東武バスセントラル株式会社様スペシャルインタビュー
2013年
バス共通ICカード協会様スペシャルインタビュー
2015年
今後当社が取り組むべき課題
2016年
私たちの暮らしの安心、安全に
2017年
米国に広がるレシップのAFCシステム
対談者
鈴木 克巳 鈴木 克巳
レシップ株式会社
営業本部バス営業部
A80
SL-A80-LED1
50%電流消費減
ページの先頭に戻る
Copyright(C) LECIP CORPORATION
縺雁撫縺蜷医o縺 繧オ繧、繝医槭ャ繝 縺薙ョ繧オ繧、繝医↓縺、縺縺ヲ 繝励Λ繧、繝舌す繝シ繝昴Μ繧キ繝シ
更新履歴 LECIP株式会社 ニュース一覧 サイトマップ このサイトについて プライバシーポリシー 文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大