大型・中型トラック用LEDリアコンビネーションランプを開発
~明るく、瞬時に点灯し、角型3連でまとまりのある発光を実現~

2018年 4月16日

レシップホールディングス株式会社の連結子会社レシップエスエルピー株式会社(本社:岐阜県本巣市、代表取締役社長:橋本昌弘)は、大型・中型トラック用LEDリアコンビネーションランプを開発しました。2018年4月より、架装メーカー向けに販売を開始する予定であり、初年度に1億円の売上を目指しています。

本製品は、トラック車両の後部に設置し、後続車にシグナルを送る灯火器です。今回開発した灯火器は、尾灯、制動灯、方向指示器、後退灯及び後部反射器が一体型となったLEDリアコンビネーションランプで、トラック用テールランプユニットとして求められるすべての機能を装備しています。各ランプが独立して個々に発光するタイプとは異なり、まとまりのある発光が特長であり、車両との調和を意識した角型3連のデザインを採用しました。

光源にはLEDを使用しており、従来の白熱電球タイプと比較すると光の立ち上がりが早く、安全性が高いとともに、省電力・長寿命が期待されます。さらに、リフレクターの形状を工夫して効率よくLEDの光を反射させるほか、2種類のレンズカットを組み合わせることで、安全性を確保しながらも、視野角を広げ、高いデザイン性を実現しています。

また、走行中の振動に強い耐振性能、雨水等の侵入を防ぐ防水性能を備えているほか、本体サイズや車両への取付けに、従来品との互換性を持たせています。

レシップエスエルピー株式会社は、1960年より長きに渡って、トラックの運転席や荷室用の照明機器を手掛けてまいりました。今後は、車外用灯火器類のラインナップをさらに増やすことで、お客様へ提案する商品の充実化を図ってまいります。

本件に関するお問合わせ先

レシップグループ お問い合わせ窓口
TEL 058-324-3121/FAX 058-323-2597