レシップ株式会社 お問い合わせ 文字サイズ 
文字サイズ:標準 文字サイズ:大
HOME 企業情報 製品情報 レシップグループ
HOME >> ニュース一覧

ニュース一覧

お知らせ

しゃべるバス停システムを開発
〜視覚障がい者も利用しやすい交通環境に〜

2016年 6月8日

レシップホールディングス株式会社の連結子会社レシップ株式会社(本社:岐阜県本巣市、代表取締役社長:杉本眞)はバス停音声案内システムを開発しました。バス停から流れる音声案内から、乗り場や行き先を確認できるようになり、視覚障がい者の方もバスを利用しやすくなります。

本システムは、人が近付くと音声でバス乗り場を案内し、バスが到着すると行き先を案内するシステムです。バス停に人感センサーを設置し、乗客がバス停に着いた時に音声が流れるしくみで、乗客がいない場合は音声を流しません。そして、バスがバス停に到着すると、無線通信により、該当バスの行き先を判別し、行き先の案内音声を流します。

バスの車内では、運行に関わるさまざまな情報を音声で案内していますが、バス停では、乗り場や行き先などの必要な情報については掲示してあるだけの場合が大半です。そこで、音声でも運行情報を案内するシステムをバス停に導入することで、誰にとっても便利で利用しやすい交通環境を整備しました。

当社は長年、バス車内の電装機器やシステムの開発に関わってきましたが、最近はバスターミナルの案内表示器など、バス車外で利用する製品の開発にも力を入れています。本システムは、当社にとっては初めて開発を手掛けた分野になりますが、今後も、バス事業者や乗客の皆様のニーズをくみ取り、快適で安全な公共交通環境の整備に貢献する製品を開発してまいります。

本件に関するお問い合わせ

レシップホールディングス(株)総務部 広報担当
TEL:058-324-3121 / FAX:058-323-2597
お問い合わせはリンク先のメールフォームよりお願いいたします
Copyright(C) LECIP CORPORATION
お問い合わせ サイトマップ このサイトについて プライバシーポリシー
更新履歴 LECIP株式会社 ニュース一覧 サイトマップ このサイトについて プライバシーポリシー 文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大 more more