レシップホールディングス お問い合わせ 文字サイズ English
文字サイズ:標準 文字サイズ:大
HOME 企業情報 IR情報 社会・環境 採用情報
HOME >> 社会・環境 >> マネジメント
環境・社会
  • 社会・環境
  • トップメッセージ
  • 特集
  • クローズアップ
  • 社会
  • お客様との関わり
  • 取引先との関わり
  • 株主・投資家との関わり
  • 地域社会との関わり
  • 従業員との関わり
  • 環境
  • 環境マネジメント
  • グリーン調達
  • 製品の環境配慮
  • 工場の環境配慮
  • マネジメント
  • レポートライブラリ

マネジメント

私たちレシップグループは、「『省エネルギー』・『地球環境対応』・『セキュリティ強化』を通じて、快適な日常を実現するための製品・サービスを社会に提供する」ために、お客様や株主の皆さまをはじめとするすべてのステークホルダーの利益を尊重した経営の実現およびコーポレート・ガバナンスの強化を経営上の最重要課題として認識し、以下に掲げる5つの基本方針に基づく取組みを行っております。また、当社は、持株会社制を採用しており、各事業会社に対し、管理・監督およびグループ経営戦略に沿った経営指導を行うことにより、当社グループ全体のガバナンスをより一層強化することに努めております。

コーポレート・ガバナンス
  • 基本方針

    (1)株主の権利・平等性の確保
     株主総会における権利行使に係る適切な環境整備等により、株主の実質的な権利を確保し、かつ、あらゆる株主の実質的な平等性を確保します。
    (2)ステークホルダーとの適切な協働
     ステークホルダー尊重の企業文化・風土を醸成し、お客様、株主、従業員、取引先、地域社会等のステークホルダーとの適切な協働により、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の創出を実現します。
    (3)適切な情報開示と透明性の確保
     財務情報のみならず、経営方針、経営課題、事業活動状況、CSR活動等、有用性の高い企業情報の適切な開示・提供に主体的に取り組むことにより、株主等との建設的な対話を行うための基盤を構築します。
    (4)取締役会の責務の遂行
     取締役会は、「光(Lighting)」「電力変換(Electric power Conversion)」「情報処理(Information Processing)」の3つの分野に経営資源を集中し、各事業分野におけるトップシェア製品を創出する当社の事業戦略を推進します。戦略実現に向け、取締役会は、経営陣幹部による適切なリスクテイクを支える環境整備や経営陣・取締役に対する実効性の高い監督等の役割・責務を適切に果たし、当社の持続的成長と中長期的な企業価値の向上を促し、収益力・資本効率等の向上を図ります。
    (5)株主との対話
     投資家向け説明会等のIR活動、アニュアルレポート、株主通信等の発行やマスメディアによる情報発信等を通じて、当社と株主との間における建設的な対話を促進することにより、当社の経営戦略や経営計画等に対する株主の理解を得ることに努め、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図ります。
  • コーポレート・ガバナンス体制

     レシップホールディングスは監査等委員会設置会社であり、取締役会の監督機能とコーポレート・ガバナンスの一層の強化を図っています。独立性の高い社外取締役を監査等委員として選任し、客観的、中立的な立場から当社経営に有益なご意見をいただいています。また、当社は定款において、代表取締役社長等の経営陣に重要な業務執行の意思決定を委任することができる旨を定めており、迅速な意思決定と機動的な業務執行を可能とする体制作りを進めています。
模式図
ページの先頭に戻る

コンプライアンス
コンプライアンスに関する規定を制定し、当社の法令遵守の姿勢と仕組み、従業員の心構えを明確にしています。また、法令遵守推進のため、各部門において、遵守すべき関係法令・当該規定・コンプライアンスコードの内容などの周知徹底を図っています。

コンプライアンスコード

ページの先頭に戻る

リスクマネジメント
さまざまなリスク(製品、環境、安全面等)について、未然防止および発生時の損失の最小化に向けた活動を推進するため、各種委員会を設置し、担当部門が専門的見地から対策、リスク管理を行うなど、グループ全体でのリスクマネジメント体制の強化を図っています。
また、これらの予防対策にも関わらず万一リスクが現実に顕在化した場合、またはその兆候が認知される場合に備え、リスク情報の報告マニュアルを定め、コーポレート・ガバナンス委員会を窓口とした速やかな情報共有を図るとともに、対策本部の設置などにより問題の早期解決と影響の最小化を図り、原因究明に努めて、再発防止策を立案・実行します。

ページの先頭に戻る

内部統制
会社法に基づき、業務の執行が適切に行われることを確保するために「内部統制システムの整備に関する基本方針」を制定し、レシップグループ全体の内部統制システムの整備充実を図ります。

ページの先頭に戻る

情報セキュリティ
レシップグループは、情報セキュリティを経営上の大きな課題と捉えて、全社で情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の構築に取り組んでいます。このうち、レシップ株式会社の一部の事業及びレシップエンジニアリングに株式会社において、情報セキュリティの国際規格であるISO27001を認証取得しています。
また、「情報セキュリティ基本方針」を制定し、その内容を開示しています。情報資産の適切な維持管理を図ります。

情報セキュリティ基本方針

ページの先頭に戻る

個人情報
レシップグループでは、「個人情報保護方針」を制定し、その内容を公表しています。個人情報の紛失や漏洩がないよう安全対策を講じてまいります。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

ページの先頭に戻る

事業継続計画(BCP)
災害や事故などの予期せぬ事象が発生した際にも、事業継続の確実性を高めて、目標復旧時間内に再開できるよう、行動計画・手順等について定期的に見直しを図っています。

ページの先頭に戻る
Copyright(C) LECIP CORPORATION
縺雁撫縺蜷医o縺 繧オ繧、繝医槭ャ繝 縺薙ョ繧オ繧、繝医↓縺、縺縺ヲ 繝励Λ繧、繝舌す繝シ繝昴Μ繧キ繝シ
更新履歴 LECIP株式会社 ニュース一覧 サイトマップ このサイトについて プライバシーポリシー 文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大