レシップホールディングス お問い合わせ 文字サイズ English
文字サイズ:標準 文字サイズ:大
HOME 企業情報 IR情報 社会・環境 採用情報
HOME >> 企業情報 >> 品質への取り組み

企業情報

  • 企業情報 TOP
  • ごあいさつ
  • 経営理念
  • 会社概要
  • レシップグループ
  • レシップグループの沿革
  • 社名の由来
  • レシップの特徴
  • グループの事業内容
  • アクセスマップ
  • ISO認証
  • 品質への取り組み

品質への取り組み



レシップ ホールディングス品質方針

顧客第一

ISO9001に基づく品質マネジメントシステムを運用し、関連部門が品質を作り込み、顧客に満足していただける製品を提供する。
品質目標を設定しレビューして、品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善し、組織の継続的な繁栄を図り、社会に貢献する。
改正 2010年10月1日
制定 1995年10月4日
 
  レシップホールディングス株式会社
代表取締役社長
杉本 眞


設備紹介


レシップグループの車載製品・屋外用製品などは、全て厳しい環境で安心して使用していただくため設計段階から様々なハードチェックを行っています。安定した品質の製品をお客様にお届けするための試験設備をご紹介いたします。
温湿度環境試験設備 機械的強度試験設備 電気的強度試験設備
耐水性試験設備 成分分析設備 光関係の測定

温湿度環境試験設備


熱衝撃試験器 保有機種
@TSA-301L-W(エスペック製)
ATSA-201S-W(エスペック製)
BTSA-201S-W(エスペック製)
性能
高温さらし   :@AB+60〜+200℃
低温さらし   :@−65〜0℃ AB−70〜0℃
テストエリア寸法:@W970×H460×D670mm
ABW650×H460×D670mm
対応国内規格 対応海外規格
JIS C60068-2-14(Na)
JASO D014-4
EIAJ ED-2531B Na  等
IEC 60068-2-14(Na)
ISO 16750-4
MIL-STD-883
MIL-STD-202   等
 電子部品や製品に高温から低温といった急激な温度変化を繰り返し与えることにより、温度変化に対する耐久性を評価します。
恒温恒湿器 恒温恒湿器 保有機種
@ABPL-4SP (エスペック製)
C  PL-4KP (エスペック製)
D  PWL-4KP(エスペック製)
E  FX434P (楠本化成 エタック製)
性能
温度  :@〜D-40〜100℃ E-40〜150℃
湿度  :20〜98%RH
庫内広さ:@〜E W1000×H1000×D800mm
対応国内規格 対応海外規格
JIS C60068-2-1
JIS C60068-2-2
JIS C60068-2-30
JIS C60068-2-78
JASO D014-4   等
IEC 60068-2-1
IEC 60068-2-2
IEC 60068-2-30
IEC 60068-2-78
ISO 16750-4    等
 製品を入れた庫内温度を高温(〜100℃)や低温(-40℃〜)、必要に応じて湿度を20〜98%RHに変化させることにより、各温度、湿度で正常に動作するかの確認や耐久性を評価します。
恒温恒湿室 恒温恒湿室 保有機種
@TBR-3A4YPK  (エスペック製)
ATBE-2H20W2P2AK(エスペック製)
性能
温度:@室温〜100℃ A-40〜120℃
湿度:20〜98%RH
広さ:@16.8? A8.1?
対応国内規格 対応海外規格
JIS C60068-2-1
JIS C60068-2-2
JIS C60068-2-30
JIS C60068-2-78
JASO D014-4   等
IEC 60068-2-1
IEC 60068-2-2
IEC 60068-2-30
IEC 60068-2-78
ISO 16750-4    等
 大型製品が高温(〜120℃)や低温(-40℃〜)、湿度:20〜98%RHの各温度、湿度で正常に動作するかの確認や耐久性を評価します。
サーモグラフィー サーモグラフィー
サーモグラフィー
保有機種
FSV-7000E(アピステ製)
性能
測定温度範囲 :-40℃〜500℃
最小温度分解能:0.05℃以下
温度精度   :対象物温度100℃未満:±2℃
対象物温度100℃以上:±2%
フレームレート:60Hz
検出器    :非冷却2次元VOXマイクロボロメータ
有効画素数  :320(H)×240(V)
検知波長   :8〜14μm
対応規格
-
 高い温度(赤色)から低い温度(青色)の分布を画像で測定します。
画像で全体の温度分布が確認できるため、熱電対などではわかりにくい大きな製品の温度分布やチップ抵抗のような測定するのが困難な小さな部品の異常発熱等を検出することが出来ます。
Copyright(C) LECIP CORPORATION
縺雁撫縺蜷医o縺 繧オ繧、繝医槭ャ繝 縺薙ョ繧オ繧、繝医↓縺、縺縺ヲ 繝励Λ繧、繝舌す繝シ繝昴Μ繧キ繝シ
更新履歴 LECIP株式会社 ニュース一覧 サイトマップ このサイトについて プライバシーポリシー 文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大